やっぱり通販でアイピルを購入すればよかった・・・

産婦人科に行ったのは、妊娠かと不安になった一瞬だ。

診療薬で陰性だったので、妊娠はしてないだろうと思っていましたが、産婦人科は緊張しますし、敷居が激しく感じました。

テレビでしか見たことないような来院台も怖かったですし、インナーを脱いで、台に上がって下さいという一気に言われて戸惑いました。

台に上がると胃腸当たりでカーテンのようになっていて何をされているのか見えないし、わからないし、カチカチ何か声が講じるし、足は開いたとおりだし…初めてのエッチから怖かっただ。

教官は手慣れているのでしょうし、ノリプロセスの状態ですし、こちらは応戦もできないし僕を任せるしかないのですが、説明してほしかったといったこれから思いました。

血診療やエコーやら他にもいっぱい診療をしましたが、特にあの自動で足を開かせる台が恐ろしかっただ。

給与の健診等の積み重ねがあって、マシーンや触診をされた積み重ねがあれば、多少の苦痛は半減したと思いますが、何も知らないとおり産婦人科に行くはオススメできません。

何も痛くないし、怖くないといったわかっていれば、リラックスして来院できたかもしれません。

念のためアイピルをもらいました。

とは言え、2回目先もやっぱ、あの台に跨るのは慣れませんでした。仕方ないとしていても、お断りなあという気持ちは毎度ありました。

何の応戦もなかったのは、お産当日のゲームのみだったとも思います。

また、詰め所に極めて付き添いらしい男性がいるのも不満でした。

そういったみなさんは、絶対に来院もないし、体が酷いわけでもないのに混んでいても椅子に座っているほうが数多く、胃腸のおっきい妊婦くんも立っているコントラストを思い切り目にしました。ナースくんが言っていただけるか、貼り紙ほどあればいいのにと思いました。

個人的には旦那には入ってほしくないですね。

外側で待つなり、送迎だけにしてほしかっただ。

良いと思っているのは、自己たちだけでバッシング的見解ばっかり耳にします。妊娠意外にも医者に来てるやつもいるし、配慮してほしいなと思いました。

やっぱり通販でアイピルを購入すればよかったな~

アイピルの口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です