神秘的なラブホテルでラブラブ

パルテノン宮殿風の編成になっているラブホテルがあるというそばから聞いて、彼女に一度行ってみたいというお願いしたのですが、私の彼女はケチでおっきいラブホテルなんぞ行かなくても僕の広間で満杯だという奴でした。

私としてはラブホテルにお泊まりするのがちょっと希望で、バースデイお手伝いにその旅館に連れていってほしいというお願いしてやっと叶えてもらったんです。

普通のラブホテルの何広間がパルテノン宮殿特有とかテルマエ・ロマエ特有とかになっていて、そこだけまだまだ厳しいんです。

中に入ると、みたやり方のある柱が沢山か建っていて、天外セットの大きな丸っこいベッドがどーんと置いてあって、ガラガラな大いに神秘的な余裕でした。

ラブホテルって不快条件を想像していたのですが清潔感があって、外国のお姫様の広間というフィーリングでやる気があがってしまいました。

彼女はラブホテルに来たことがあるので、違う?と聞いてみると、全然違う、普通はもうフツーの広間が多いし、と言っていて、お風呂から出たときに着るガウン的ものの感触も違うと言っていました。

又もやエッチをすることになったときに、なぞ恋人がいつもより手厚いというか、バースデイということもあったんですが、いつもなら一際険しい感じでキスとかして現れるのに、モード感じがあって、すごい優しかっただ。

私も限界を見上げるってたえずと全然違うガラガラで競争の天外で、いつもより婀娜っぽい感じであえいでしまったり、ほんと条件を通じてエッチがこれ程違うって思いませんでした。

しかも、彼女はようやっとこうした豪華で高いところに泊まってるんだからもったいないと言い出して、一旦エッチが終わってからまたお風呂に入り直して、ちょいくつろいです残りに二回目線しようと誘ってきたんです。

朝まで一緒にいたのに、二回目するなんて初めてのことでした。

けれどもこの会社でのエッチも興奮して結構よかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です